[PR] 二重まぶた

WATER PUZZLE

PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH

OTHERS
SPONSORED LINKS


日本 VS UAE

JUGEMテーマ:日本代表



日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)の先制弾が空砲に終わった。前半11分、出場したW杯予選では7試合連続となるヘディング弾でリードを奪ったが「想定外」と認めた2失点で逆転負け。得点した試合の不敗神話も12で途切れ、試合後は「気合」「負けず嫌い」と根性論を持ち出して日本の勝負弱さを嘆いた。

負けてもマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた背番号4が、肩で息してピッチに立ち尽くした。本田は試合直後のインタビューを待つ間、左手に持ったタオルを力なく垂らし、ゴールを見つめた。後半32分に浅野のシュートが入ったように見え「自分の記憶と目が正しければボール2つ分は入っていた」。そう言って冷静になり、首を振った。「最悪で受け入れ難い。当然、負けなんて想定していなかった」。歯根に力を込めた口元に悔しさがにじんだ。



不敗神話の慎吾がおりて嫌な予感してたけど、

まさか本当に負けるなんて〜。

でも2点目は入っていたぞ。
| サッカー。 | - | - |
コンサ ロスタイム逆転

JUGEMテーマ:コンサドーレ札幌



エースの劇弾で今季3度目の4連勝だ!J2札幌は7日、本拠地・札幌ドームで清水と対戦。前半を2―0で折り返しながら、2―2と追いつかれて迎えた後半ロスタイム4分にFW都倉賢(30)が左足で劇的な決勝ゴールを叩き込んだ。これで札幌ドームでの不敗記録も18試合に更新。いよいよ札幌が首位独走態勢に入った。

ドームの祈りがエースに届いた。後半ロスタイム4分。DF福森の浮き球のスルーパスにFW都倉が反応した。「触るのが精いっぱい。うまく当てることができた」。飛び出してきたGK杉山よりも一瞬前に都倉の左足がボールに触れる。ループシュートが鮮やかにゴールに吸い込まれた。

劇的すぎる幕切れ。札幌ドームの歓声は鳴りやまない。背番号9は試合終了後、何度もピッチを両手で叩いて感情を爆発させた。前半は2―0で折り返す完璧な立ち上がり。それが後半、劣勢に回って39分に同点に追いつかれた。ただ、都倉は感じていた。「最後に1回チャンスがあると思っていた」。そのワンチャンスを逃さなかった。決勝弾の1分後には左足がつって倒れ込んだ。気力も体力も限界。最後の力を振り絞った一撃だ。

 地の利を生かした。福森のスルーパスはワンバウンド目で急激に勢いを失った。札幌ドーム特有の現象だ。「(芝が)室内に入るからカラカラになる」。水分を多く含んだ芝はボールが滑って伸びるが、ドームでは止まる。「僕らは慣れているけど、相手には難しい」。GKの飛び出しが中途半端と見て、そこに全てを懸けた都倉と福森の計算尽くしたパスが生んだ劇弾だった。

これで札幌ドーム不敗記録は18試合に、都倉も自身の札幌ドーム最多得点記録を22得点に更新した。それでも、J2得点王争いトップの清水のFW鄭大世(チョンテセ=32)が後半39分に決めたヘディングゴールに、都倉はこう言った。「J1クラスの選手は、あれを決めるといういい教訓になった」。2位・松本に勝ち点7差。独走態勢に入っても、エースの心に緩みはみじんもなかった。
| サッカー。 | - | - |
コンサドーレ首位 札幌ドーム16連勝

JUGEMテーマ:コンサドーレ札幌



第25節最終日は1試合を行い、札幌は前節18位の岐阜に5―0で勝利し、首位を守った。通算成績は16勝5分け3敗で勝ち点53とした。

札幌はジュリーニョが3得点、内村が2得点を挙げ、今季2度目の5得点で大勝した。ジュリーニョは前半7分、同24分に連続ゴール。後半30分にはこぼれ球を蹴り込んだ。札幌は4試合連続無失点で8試合連続負けなし。
| サッカー。 | - | - |
コンサ 5年ぶり首位
JUGEMテーマ:Jリーグ


来たあー!ついに首位だ。J2札幌は3日、アウェー(石川西部)で最下位・金沢と対戦。前半17分にFWジュリーニョ(29)がMFマセード(28)からのクロスを頭で合わせ、貴重なゴールを決めた。この1点を守りきり、今季初めて“ブラジルホットライン”で1―0勝利。これで3試合連続の1―0完封で、2年ぶりの3連勝を飾った。勝ち点も23に伸ばし、今季第11節で11年以来5年ぶりとなる首位に躍り出た。
| サッカー。 | - | - |
小野 札幌入団会見
JUGEMテーマ:Jリーグ


サッカーJリーグ2部(J2)コンサドーレ札幌に移籍した元日本代表MF小野伸二(34)が9日、札幌市中央区のさっぽろテレビ塔で入団記者会見し「地域を盛り上げ、チームをJ1に昇格させたい」と抱負を述べた。

小野は静岡県出身。J1の浦和や清水のほか、オランダやドイツのクラブに所属し、日本代表として、ワールドカップには2002年の日韓大会を含め3大会に出場した。今年5月まで、オーストラリアのクラブでプレーしていた。

来年1月31日までの契約で背番号は44。二つの数字を足すと、浦和時代などにつけ、思い入れのある「8」となり、コンサドーレでは初めての背番号だけに「新しい気持ちでプレーしたい」と、笑顔を見せた。

Jリーグの規定で、小野は早ければ7月18日に登録され、20日の大分戦(札幌ドーム)から出場できる。
| サッカー。 | - | - |
コンサ 開幕勝利
JUGEMテーマ:Jリーグ


サッカーのJリーグ2部(J2)が2日開幕し、コンサドーレ札幌は、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで磐田と対戦、1―0で勝った。2位以内のJ1自動昇格に向けて好スタートを切った。

磐田はJ1からの初降格で、FW前田遼一選手や新加入のMF松井大輔選手ら日本代表経験者を擁する強敵。札幌は前半16分、MF砂川誠選手が直接FKを蹴り込んで先制。後半には、PKのピンチを新加入のGK金山隼樹選手が防ぐなど猛攻に耐えた。
| サッカー。 | - | - |
5大会連続W杯出場。
JUGEMテーマ:スポーツ


サッカー・ブラジルW杯アジア最終予選B組(4日、日本1−1豪州、埼玉)FIFAランク30位の日本代表は豪州代表(同47位)と引き分けて同組2位以内が確定し、5大会連続5度目のW杯出場を決めた。1点を追う後半ロスタイムに本田圭佑(CSKAモスクワ)がPKを決めた。国内で出場権を獲得するのは初めてで、3大会連続で世界最速の突破を果たした。
| サッカー。 | - | - |
chaton noir
<new | top | old>