[PR] 二重まぶた

WATER PUZZLE

PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH

OTHERS
SPONSORED LINKS


清宮選手、日ハム 北海道視聴率21.7%


早実・清宮幸太郎内野手との交渉権を7球団の競合の末、日本ハムが獲得した26日の「2017年プロ野球ドラフト会議」中継(午後4時50分から同5時50分)が、北海道(札幌地区)で、平均21・7%の視聴率を得たことが27日、分かった。TBS系の北海道放送が2010年から放送している中継では過去最高で、いわゆる瞬間最高視聴率は、清宮が記者会見をした午後5時46分から48分の3分などで、27・0%を記録した。(視聴率はビデオリサーチ日報調べ)

ハイライトの一つとなったのは7球団競合によるくじ引きの場面。日本ハム・木田優夫GM補佐が明石家さんまのアドバイス通り、左手で当たりくじを引き当てた午後5時21分に、毎分視聴率で23・5%を記録した。

過去のドラフト中継と比較すると、斎藤佑樹投手を指名した2010年10月28日の放送では平均12・2%。大谷翔平投手を指名した2012年10月25日は15・4%だった。近年では2010年から北海道放送はドラフト中継を行っているが、これまでの平均最高視聴率は昨年16年の17・3%だった。

通常放送をしている際は20%を超えることなどない放送枠だといい、清宮との交渉権をどの球団が獲得するのかへの注目が集まった。
| ファイターズ。 | - | - |
ハム第6戦 視聴率50.8%


日本ハムが広島を破り、日本一を決めたプロ野球日本シリーズ第6戦の平均視聴率(日本テレビ系、29日夜)が広島地区で54・9%、札幌地区で50・8%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。

瞬間最高視聴率は広島では68・3%、札幌では66・5%。いずれも日本ハムが6点を勝ち越した八回表の攻撃中だった。

関東地区の平均視聴率は25・1%で関西地区は26・7%、瞬間最高視聴率は関東地区が34・8%、関西地区が38・4%だった。


夜中の特番が録画できてなかったのが心残り、、、。

なんで、、泣。
| ファイターズ。 | - | - |
【手記】日本ハム 大谷翔平


日本ハムへの入団会見で「日本一になりたい」と言ったことを思い出します。これまで全国大会で優勝した経験がありません。だからどうしても日本一になりたかった。プロの世界に入り、ついに頂点に立つことができました。本当にうれしくてうれしくて仕方がありません。

プロ4年目で日本一。あのとき日本ハムに入れていただいて、本当によかったなと思っています。高校のころメジャー球団の方々からも熱心に誘っていただき、メジャーで勝負してみたいという気持ちも持っていました。

考え抜いた末、日本ハムに入りましたが、この4年間を振り返ると、これ以上ない環境の中でプレーさせていただいたと感謝しています。あのときの選択は間違っていなかったと。自分が成長していく上で、どういうところに身を置くかって、すごく大事なことなんだということが分かりました。

日本シリーズでの黒田さんとの対戦は、貴重な経験になりました。小さいころからずっと見ていた投手なので、目の前で投げている姿を見るのは何か変な感じはしました。自分にとっては「テレビの中のプロ野球選手」。実際に対戦するという実感があまりなかったような感じでした。ただ、そういう意味では今後に生きてくるのではないかと思います。日本シリーズという大舞台で、日米の球史に名を残した大投手との対戦。これを経験するのとしないのとでは全然違うでしょうし、これから生かせるところがあれば生かしていきたいです。

シーズンを振り返れば、優勝が決まった大一番(9月28日・西武戦)を1安打完封勝利で決めたことは、少なからず今後への自信になったと思います。花巻東の先輩でもある(菊池)雄星さんが相手でしたし、優勝のかかったマウンドに上がるなんていうのは、なかなかないチャンス。そこでいい投球ができたというのは、これ以上ない感激でした。

今年、優勝できたのは皆さんのご指導があったからこそです。昨オフにはダルビッシュさん(レンジャーズ)と一緒にトレーニングをさせていただいて、いろいろと勉強になることが多かったです。練習内容で変えたことはそんなにないんですが、栄養面、食事面ではかなり参考にさせてもらいました。

1日7食も食べたりするんですが、食べるタイミングとか、内容を重視しているので、そんなにきつくはありません。茶碗にいっぱい盛ってという感じではなくて、効率よく食べ、効率よく運動することを心がけるというものです。効果の実感も少なからずありますが、まだ1年ぐらいなので、これを継続してやっていって、どうなるかって感じです。まだまだ自分のピークは先にあると思っていますし、そこまでに自分で作り上げたいものを確立できるように、しっかりやっていきたいです。

メジャーに挑戦するには、まだまだ足りないところも多いです。球速もさらに上げられると思っていますし、足りない部分を消化して、どんどんいいパフォーマンスを出せるようにしていきたいです。もっともっと技術を磨いて、来年も頑張ります。
| ファイターズ。 | - | - |
ファイターズ 10年ぶり日本一


日本ハムが29日、日本シリーズ第6戦で広島に10-4で勝利し、4勝2敗で2006年以来、10年ぶりの日本一に輝いた。同点の8回に中田翔内野手の押し出し四球で勝ち越すと、ブランドン・レアード内野手の満塁本塁打も飛び出すなど一挙6得点。試合を決めた。



道産子ファイターズファン&ユニコーンファン

昔は市民球場がある広島が羨ましかったな〜。

北海道&広島の日本シリーズを見る事ができるなんて

複雑だったけど楽しかった。
| ファイターズ。 | - | - |
ファイターズ 日本シリーズ3勝


SMBC日本シリーズ第5戦(日本ハム5x−1広島、日本ハム3勝2敗、27日、札幌D)日本ハムが西川遥輝内野手(24)の満塁弾でサヨナラ勝ち。3連勝で10年ぶり3度目(東映時代を含む)の日本一に王手をかけた。第6戦は戦いの場を広島に移し、29日に行われる。

1−1の九回、一死から田中賢が四球で出塁。市川が送りバントを決め二死二塁に。中島の内野安打と岡の死球で二死満塁とチャンスを広げた。ここで打席には西川。広島の守護神中崎の投じた2球目を捉えると、打球はライトスタンドへ飛び込む、サヨナラ満塁弾となった。

先発の加藤は制球が定まらず、わずか1回1/3で降板。しかし、2番手のメンドーサが5回2/3を1安打無失点と好投し、チームに流れを引き寄せた。

ヒーローインタビューで西川は「何が起こったか、分からないぐらい興奮しています。(打球が)頼むから(スタンドに)行ってくれと思いました」と振り返った。最後は大歓声のファンに向かって「全員で広島にいくぞ〜」と声を張り上げた。
| ファイターズ。 | - | - |
ファイターズ 日本シリーズ2勝


日本シリーズの第4戦が26日、札幌ドームで行われ、日ハムが3−1で広島に逆転勝利、シリーズ対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。日ハムは守備の乱れから先取点を失ったが、6回に中田翔(27)が同点アーチ。8回にはブランドン・レアード(29)が勝ち越し2ラン。

僅差の勝負になると、両軍の継投策、ブルペン陣が勝敗の鍵を握る。日ハムは、前日のゲームでストッパー起用した谷元を、この日は8回に持ってきた。先頭の新井を四球で歩かせたが、後続を許さない。広島は代走に赤松を送り二死から仕掛けてきたが、途中出場の市川が刺す。

広島も8回から必勝パターンのジャクソンをマウンドへ送ったが、これが誤算だった。
二死一塁からレアードが、バックスクリーンの左に飛び込む特大の勝ち越し2ラン。レアードのシリーズ2本目のアーチで、3−1とリードを奪うと、9回は宮西がマウンドへ。二死満塁の大ピンチを迎えたが、丸を三振に斬ってゲームセット。シリーズの対戦成績を本拠地で2勝2敗のタイに戻した。
 
試合後、栗山監督は、恒例の勝利監督インタビューで、「しびれました」と第一声。

9回二死満塁の場面を聞かれ、「ただ、そういう状況の中では、うちのピッチャーのなかで、困れば困るほど、もっとも信頼できる宮西がマウンドにいたので、打ちとってくれると信じていた」と振り返った。
 
| ファイターズ。 | - | - |
ファイターズ 日本シリーズ1勝


SMBC日本シリーズ2016(7回戦制)は25日、札幌ドームに決戦の場を移して第3戦が行われ、日本ハムが4―3でサヨナラ勝ちを収めて今シリーズ初勝利。通算成績を1勝2敗とした。3―3で迎えた延長10回、大谷が広島5番手・大瀬良からサヨナラ打を放った。

日本ハムは初回、近藤、大谷の連打で1死二、三塁としてから中田の遊ゴロの間に1点先制。だが、先発・有原が2回、エルドレッドに右越え2ランを浴び、逆転を許して1点ビハインドのまま終盤へと進んだ。

1―2で迎えた8回、この回から登板した広島4番手のジャクソンから2死二塁とチャンスを迎えた場面で、広島は打席に入った大谷を敬遠で歩かせ、中田と勝負。ここで中田が4番の意地を見せ、バットの先でしぶとく左前へ。ダイレクトでの捕球を狙った広島左翼手・松山が突っ込んで後逸する間(記録は二塁打)に一挙2点が入った。

だが、広島も諦めない。9回、先頭の鈴木が右越え三塁打を放つと、2死から安部が右前へ同点タイムリー。しかし3―3で迎えた延長10回、日本ハムは2死二塁から大谷が右前へサヨナラ打を放って接戦に決着をつけた。

広島は先発した41歳の黒田が初回に先制を許しながら2回以降は好投を続け、6回途中4安打1失点で降板。勝てば1950年の若林(毎日)以来66年ぶり史上2人目となる40代でのシリーズ勝利投手となるところだったが、白星を贈ることができなかった。
| ファイターズ。 | - | - |
chaton noir
<new | top | old>